少し大きな生徒さん、Rちゃんの楽譜
書き込みがしてあるのが見えるかな?

音楽の本質は表現!
楽譜通りに弾いても、表現がなければ、ただ音を並べただけで音楽にはなりません。
ということで、「まず曲のイメージを作ってきてね」といったら、ストーリーを考えて楽譜に書き込んできてくれました!
自分で自由に想像をふくらませて、感性豊かにイメージを作ってくれました

イメージをつくるには、自分のなかにたくさんの引き出しが必要です
一流の演奏をたくさん聴くことはもちろん、あらゆる芸術に触れたり、自然を感じたり、いろいろな経験をしたりして、感性を養ってどんどん引き出しを増やしていきましょう

 

そして、イメージができたら次は表現!
ピアノは、タッチの仕方(弾き方)によって無限の音色が出せます

どのようなタッチでどのように弾いたら、イメージを表現できる音色が出せるかを、自分で考えていくことで、芸術的で感性豊かな演奏になってきます
そしてこれは、「こうするためには何が必要か」ということを自分で考えて、努力する力です
勉強でも運動でも、全てにおいてとても大切な力ですので、みんなにこの力がつくと良いなと思ってレッスンしています